1. NJHトップ
  2. 補聴器 上手な付合い方
  3. デジタル補聴器

デジタル補聴器


一人ひとりの聴こえのために

ひとくちに難聴といっても、ひとりひとり、その聴こえはさまざまです。高い声が聴こえない人、低い声がわからない人。その聴こえに今までより的確に柔軟に対応するため出来たのが、デジタル補聴器です。


よりよい聴こえのために

イラスト
デジタル補聴器の特長

デジタル補聴器は、調整にコンピュータを使用し、マイクに入ってきた音をデジタル信号に変換して、補聴器内部で周波数ごと(高い音や低い音)に様々な処理を行い、装用者の難聴の種類に合わせて細かな調整が出来ます。

例えば、マイクに入ってきた音の中から雑音部分だけ抑えたり、言葉の明瞭度に必要な子音を強調したり、頭に響くような甲高い音を抑え耳に優しい音に変えたりと、今までの補聴器では、不可能だったことが出来るようになりました。

なかでもNJHのデジタル補聴器は、言葉の聞こえを強調したまま雑音だけを抑え、また嫌なピーピー音(ハウリング)を抑える機能に優れており、環境に柔軟に対応する優れた音声処理が可能になりました。

このような細かな調整が出来るデジタル補聴器が、現在主流となっています。